紫外線から肌を守ってシミやたるみなどの老化を防ぐ【日焼け止め】

紫外線から肌を守る事でシミやたるみなどの老化を予防できます

 

紫外線が肌に与える影響とは

シミやたるみの大きな原因の一つは紫外線によるものです。
紫外線は年間通して地上に届きますが春先になると徐々に紫外線の数値が高くなってきます!
紫外線は波長の長さによってUVA(A波)・UVB(B波)・UVC(C波)の3種類に分けられます。

UVA(A波)

一番波長が長く、お肌の奥にある真皮層まで届き、
ハリや弾力をもたらすコラーゲンやエラスチンをつくりだす線維芽細胞を傷つけてしまう事で
シワやたるみといった肌老化に繋がります。
曇りの日や室内にいるとつい油断してしまいますが雲や窓ガラス、カーテンを通過して肌に届くのでシワやたるみを引き起こさない為にも毎日日焼け止めを使用しましょう!

UVB(B波)

UVAに比べて波長が短く、真皮層より上にある表皮の細胞にダメージを与えます。
火傷のように赤くなったり、メラニン色素がたくさん作られお肌が黒くなります。
黒くなった肌は、通常肌の新陳代謝(ターンオーバー)と共に時間をかけて徐々に元に戻りますが
一部メラニンが定着してしまうとシミやそばかすになります。
特に目元は皮膚が薄く紫外線の影響を受けやすい為、シミが現れやすくなります。

UVC(C波)

UVCはオゾン層によって吸収され地上まで届くことがありません!

紫外線は春先から徐々に数値が高くなり夏場にピークを迎えます。
数値は10時から14時頃までがもっとも高く特に夏場は少し外に出ただけでも皮膚が赤くなったり、ヒリヒリしやすくなります!

お肌の浅い層に届くUVBは肌の色が黒くなるので
すぐ日焼けをしたと認識できますが
お肌の奥に届くUVAはじわじわとコラーゲンやエラスチンに影響を与え、時間をかけて肌の弾力が低下していきシワやたるみをつくります。
肌老化のほとんどは紫外線の影響からきているので、肌の事を考えると一年中日焼け止めを使用するのがベストです!

5年後、10年後のお肌も今と同じくらい
綺麗な肌質を保てるように日焼け止めを塗って老化を予防しましょう!

日焼け止めには「紫外線吸収剤」と「紫外線錯乱剤」の二つの種類があり、それぞれ紫外線へのブロックの仕方が変わります!

「紫外線吸収剤」と「紫外線錯乱剤」の違いとは

紫外線吸収剤

・紫外線を吸収して熱を発生させてから外に放出させ日焼けを予防します
・透明で伸びがよく、塗り心地が良い
・化学反応によって熱を放出する為、肌が乾燥しやすく稀に肌荒れもおこる事がある

紫外線錯乱剤

・使用感が重く白浮きしやすい
・紫外線を跳ね返して日焼けを予防します。
・吸収剤より刺激が弱いのでお肌が敏感な方な負担をかけたくない方におすすめ

年間通して使うものだからこそ
お肌の事を考えて作られ日焼け止めを使用してみませんか?
エピノートでおススメの日焼け止めは
肌にやさしい紫外線散乱剤を配合しているマジャールのサンブロックブランです!

エピノートおすすめの日焼け止めアイテム

マジョール
サンブロックブラン
SPF 34+++


40mL 4800円(税抜)

サンブロックブランの特徴

酸化亜鉛、酸化チタン・・・紫外線散乱剤
SPF34でお肌への負担が少ない
グリチルリチン酸2k・・・消炎作用
メラスロー・・・シミの原因を阻害、抑制
シルキーな感触で化粧下地としても可

紫外線吸収剤不使用で肌への負担が少なくSPFも日常使いに最適の数値です!
メラニンが生まれるすべてのプロセスをブロックするメカニズムから生まれたメラスローでメラニンの合成を抑制します!
紫外線をブロックしながらお肌の潤いを守り日焼けと乾燥の両方のダメージを防ぎます!
使い心地は塗っているときはしっとりなのになじむとさらっとして変なつっぱり感がありません!
紫外線散乱剤特有の使用感の重さや不自然な白浮きがなく、肌が少しトーンアップし自然なツヤがでます!
化粧下地としてもおすすめです!

ただ日焼けをブロックするのではなく肌の事を考えて作られたワンランク上の日焼け止めを使用して将来の肌投資をしてみませんか?
商品のみのご来店も可能です!
ご購入の際は一度エピノートにご連絡をお願い致します!

関連記事

  1. プロテインとは?【プロテインナチュラ】種類や効果的な飲み方は…

  2. クレンジング選びに迷ったら!肌に負担をかけない優しい成分のミ…