冷える仕組みを知って冷えづらい体に【ヒートエンザイムグランプロ】

寒い季節は手先や足先などに冷えを感じやすくなりませんか。
体が冷えるとうまく寝付けなかったり、体調も崩しやすくなります。

冷える原因

体内で発生した熱は血液によって全身に送られて体が温まります。
寒さをかんじると熱を逃さないよう血管が収縮し血流が悪くなって体の隅々まで熱が届きにくくなることで冷えてしまいます。
温度が低い冬はとくに冷えをかんじやすい季節です。

女性は冷えやすい体質

女性は男性に比べて筋肉量が少ないので自分で熱をつくりにくい体質です。
筋肉は熱を作り出すだけはでなく、ポンプの役割もはたします。
筋肉の収縮によって血液がスムーズに流れて全身に熱や酸素を運んでくれるので日頃から適度な運動も大切です。
また脂肪は冷えると温まりにくい特徴があり、女性は男性より脂肪が多いので一度冷えてしまうと温まるまで時間がかかります。
さらに生理がはじまると血管の収縮によって血流が悪くなり冷えやすくなります。
極端に食事量を減らすダイエットも体温をさげる要因になったり、筋肉量も減ることでより冷えてしまうので無理なダイエットはしないようにしましょう。

冷える季節は食事を意識して内側から体を温めましょう

おすすめの食材
・にんじん、ごぼう、れんこん、サトイモ、かぼちゃ、じゃがいもなどの根菜類
根菜類は夏野菜より水分が少ないので体を冷やしにくくし、きゅうり、トマト、レタスなどの夏野菜は体を冷します。
冬の季節は豚汁やコンソメスープなど温かい汁物と一緒に食べるのがおすすめです。

・しょうが、ネギ、唐辛子、にんにくなどの香辛料
血行促進や体温を上げる効果があります。

・味噌、納豆、キムチ、甘酒、ヨーグルトなの発酵食品
発酵食品にふくまれている酵素には代謝をアップさせ体を温める効果があります。
納豆の納豆菌とキムチの乳酸菌は腸内の善玉菌が増えやすくなるので一緒に組み合わせて食べるのがおすすめです。

・たまねぎ
辛味成分であるアリシンには、血流の流れを良くし血液が詰まるのを防ぎ生活習慣病である動脈硬化の予防にもつながります。
水に溶けやすいので汁をスープで食べるのがおすすめです!

冷えでお悩みの方は温める食材を意識してみてください!
もっと手軽に冷えを改善したいにはサプリメントでのサポートもおすすめです!

ヒートエンザイムグランプロ


60包 6,800円(税抜)
【おすすめの飲み方】
朝(起床時)や入浴前、運動前などに!
栄養補助食品として1日1~3包を目安に、水などとともにそのままお召し上がりください。
※お湯などの熱いものと一緒に摂ることは避けて下さい。

発熱する粉末酵素!!

粉末を舌に乗せた瞬間から、じわじわ発熱を実感します
飲んで30分後くらいには発熱のピークを迎え、2時間ほどはその状態が続きます!
筋肉量が少なく冷えを感じやすい方にとくにおすすめです!

鮮度と産地にこだわった国産の野菜、果物、海藻、キノコ類、穀物、生のハーブなど全113種類の植物を伝統の「ヒノキ樽」で
ダブル自然発酵させた植物酵素飲料の「ハーブザイム113グランプロ」を独自の低温乾燥法で粉末化したサプリメントです!
さらに、酵素に欠かすことができないパートナーの「補酵素」も配合!
ビタミンやミネラルは酵素の活動をサポートする補酵素とも呼ばれています。代表的な補酵素のコエンザイムQ10、ビタミンB群、カルシウムや亜鉛などのミネラル成分もプラス。
さらにボディメイクサポートに必要なL-カルニチンも配合されいます!

冷えだけでなくダイエットの効率をアップしたい方にもおすすめです!
エピノートは商品購入のみでのご来店も可能です!施術中や在庫がない場合もごさいますので必ず事前にお電話にてご連絡くださいませ!

関連記事

  1. プロテインとは?【プロテインナチュラ】種類や効果的な飲み方は…

  2. クレンジング選びに迷ったら!肌に負担をかけない優しい成分のミ…

  3. 【お正月太り解消】なぜお正月は太りやすい?解消方法は?おスス…

  4. 水素でサビにくい体づくり【持続放出型水素サプリメント】

  5. 体重管理に活躍する食事で後悔しないためのボディサプリ【トリプ…

  6. 紫外線から肌を守ってシミやたるみなどの老化を防ぐ【日焼け止め…